ブログネタ
北京オリンピック に参加中!
北京五輪の野球日本代表に対し、国際野球連盟(IBAF)が罰金2000ドル(約22万円)を科すと決めたそうです。
IBAFによると、星野仙一監督が13日のキューバ戦の9回、里崎の三振の判定に対し、ロドリゲス球審に抗議。
直後に代打を告げた際、球審は星野監督に退場を宣告。
抗議を繰り返したと受け取られたみたいですね。
代打が認められたため、星野監督はその後ベンチに戻ったけど、退場宣告が解除になっていなかったということで、IBAFの技術委員会では、星野監督が退場宣告後もベンチにとどまったとし、罰金を科したというもの。
しかし、退場のはずの星野監督の代打「村田」を認めているんだから退場はないわよね。
国際野球連盟って実はルール知らなかったり(笑)
審判も不安だらけ。
いつとばっちりが来るかちょっと不安・・・



PR

  • 包帯パンツ 通販

  • ヌーブラより軽いバストフリー

  • 子育て 資格

  • ゴルフバーでゴルコン、東京都

  • ラ・ブラ(labra)で谷間クッキリシリコンブラ